語り継がれる風俗伝説

誰かに似ている風俗嬢だなと思ったら姉妹だった

前回五反田で遊んだ風俗嬢が初対面ではあったんですけど、それでも誰かに似ているなって思ったんですよね。でも、知り合いではないだろうなとは思ったんです。知り合いであれば、それなりに記憶力も良い方なので、それですぐに思い出せると思うんです。
それでプレイに入ってからもなかなか思い出せなかったんですけど、とにかく誰かに似ているなと。それで、適当に「お姉さんも風俗嬢じゃない?」と聞いたら本当にそうだったんですよ。五反田でなく別のところの風俗で働いているみたいです。そんなのびっくりするに決まっているじゃないですか(笑)だから、姉妹を相手にできたってことなんですけど、ただお姉さんのことは何となくしか覚えていないので、また指名しなければなって思いましたね(笑)
それはともかく、彼女、五反田の風俗の中でも普通に美人なんですよ。だからこそ、自分も何となく似ているなって感じたんですよね。風俗嬢は美人であった方がやっぱり良いものです。だから、姉妹とかそういったことは抜きにして、結構良いイメージを持って楽しむことが出来たんじゃないかなって思います。

五反田の風俗における力の使いどころですよね

女の子に任せているだけでも楽しいのが風俗ですけど、より楽しむためには力加減と言うか、力の配分もまた、それなりに大切になってくるんじゃないかなってもう何年も五反田の風俗を利用していて思うんですよね。むしろそれがとても大切というか、自分でもやっぱりそこがとっても大切な部分だよなって思うようになってきたんですよ。
特に思ったのは、風俗というよりも男の機能ですよね。ある程度自分の集中力だって大切になってくるじゃないですか。自分がどうするのか。イクと思っての行動と、まだ楽しもうって思う行動とでは微妙に違うじゃないですか。それもあるので、よく行く五反田の風俗では自分なりにコントロールしているんです。自分が「ここだ」と思った時と風俗嬢が「ここだ」と思った時が一致した時の、心のコラボレーションと言うかハーモニーは最高ですよね(笑)
だから、五反田にいる風俗嬢の中でも相性の良い子って、それが求められるんじゃないかなって。無意識で力の使いどころが揃うと、やっぱりこっちの満足度もそれなりにかなり高いものになりますしね。