語り継がれる風俗伝説

自分の気持ちの中の問題

どんな女の子を選ぶのかとか、どのジャンルの風俗を選ぶのかとかは結局はすべて自分の気持ちの問題だと思うんですよね。その時の気分次第というか、何がその時に一番合っているのかは実際に楽しんでみないと分からない部分だと思うんですけど、一つだけ言えるのは風俗はどれもとても楽しいので、それなりの満足感があるってことですよね。どれもそれぞれ楽しい時間が待っているので、あまり深く考える必要はないというか、ホームページを何時間も見たり、風俗嬢のプロフを何度も真剣にチェックしたりって必要もないんじゃないかなって思いますけどね。むしろそれが無用で楽しめるのが今の風俗だと思うので、自分の気持ちの中で「この風俗嬢は!」と思う子がいれば、それで十分なんじゃないかなって思いますね(笑)自分もホームページはある程度は見ていますけど、ある程度絞ったら後はもう自分の中でのフィーリングに頼るとしか言いようがないかなって思いますし。

気になるのは私服よりも…

デリヘルは私服を楽しめる風俗でもあるんですけど、私服よりも気になる部分があるんです。それは女の子のテンションですね。風俗店の女の子って基本的にテンションが高いじゃないですか。お客を盛り上げようっていう気持ちからのものなのは自分でも分かりますけど、デリヘルの場合、プライベートのような雰囲気もあるじゃないですか。そこでどういった気持ちで楽しませてくれるのか。それもまた、気になるんですよね。ただ、やみくもに高ければ良いって訳ではないんです。そこはやっぱり節度というか、むしろ少しテンションが低いくらいの方がリアルでいいですよね(笑)営業モードではなく、素の女の子って感じがするじゃないですか。個人的にはそちらの方がそそられるような気がするんですよね。だからデリヘルは私服を楽しめるってだけじゃなく、どんなテンションなのかもまた、必ずチェックして楽しむようにしているんですよ。そこがいわば見所かなとも思いますし。