語り継がれる風俗伝説

なぜなら、風俗は特別だから

なぜ風俗がとても楽しい者なのかと言えば、そこには理屈ではなく、男のロマンそのものが詰まっている、特別な存在だからかなと(笑)少々褒めすぎかもしれないんですけど、風俗に関しては男の夢、理想、願望。全てが詰まっていると言っても決して過言ではないんですよね。それだけに、自分としてもも風俗は目いっぱい楽しみたいって気持ちを持っているんですよ。そのくらいの方が、自分の中の気持ちとしても全く違うものになっていくような気がするんです。実際、自分が使っているお金を考えると風俗が一番好きなんだなってことを自分でも確認出来るんですよね(笑)でも、風俗でどれだけお金を使ったとしても何も後悔はありません。とにかくがっつり楽しめるじゃないですか。それが自分の中でも大きなテーマというか、楽しさの一つだと思っているので、風俗は自分の中で、常に特別な存在として輝いているのかなと思いますね。…さすがにちょっと褒めすぎでしょうか?(笑)

色白で少し暗い雰囲気がツボ

色白だけど、でも少し根暗なのかなと思う雰囲気の風俗嬢・Rちゃんは指名して良かったなと思った風俗嬢です。彼女は当初は暗い雰囲気だなって思ったんです。ホームページを見ても、彼女はどこか幸薄そうな雰囲気。そこに心を奪われたのもあって、取り敢えず彼女にしてみようって思ったんですよ。でも実際の彼女、確かに初対面の雰囲気は明るいとは言いませんけど、慣れてくると明るさも出てくるし、それにハキハキしている一方で、どこか守ってあげたくなるような雰囲気を持っているのも事実なんですよ。だからこちらの気持ちはいろいろと動かされて、とっても楽しいものになったんじゃないかなと思いますね。特に彼女の口癖が「やったじゃん」だったんですけど、その言葉を聞けば聞くほど、こっちのテンションもどんどん高くなっていたような気がするんですよ。あれはまさに魔法の言葉なんじゃないかなって(笑)そんな時間となったのも、彼女の存在感のおかげですね。