語り継がれる風俗伝説

借金はあるけど風俗は辞められない

住宅ローン。自動車のローン。そしてクレジットカードでのショッピングリボ。まぁいろいろと借金はありますよ(苦笑)でも、風俗は辞められません。むしろ時には風俗で気晴らししないと何のために生きているのかさえよく分からないような状況ですね。理屈だけで考えたら、風俗を楽しんでいるお金を借金の返済に回した方が、より早く借金を完済出来るでしょう。それは間違いないんですけど、借金を慌てて返す必要もないかなって。ローンはマイペースに。そして自分なりにいろんなことを考えつつ、時には風俗を楽しませてもらっているんです。そのくらいで十分と言うか、マイペースくらいでいいんですよ。仮に一度風俗を諦めたとしても2万円くらいですかね。二か月から三か月に一度くらいしか使わないので、そこまで劇的に借金事情が変わるって程でもないんですよね。だから風俗もまた、マイペースに楽しむくらいで丁度良いんじゃないかなって思って楽しんでいます。

一生懸命さは印象が良いからこそ

一生懸命な女の子が一番好きなんですよね。風俗嬢にもいろんなタイプがいますけど、自分のためにどこまで頑張ってくれる女の子なのか。それがある意味で一番大切なのかなって思うようになったんですよ。やっぱり風俗もサービス業です。だからお客相手に頑張れって威張りたくはないんですけど、こちらのために頑張ってくれる風俗嬢を見たらやっぱり気持ちは変わってきますよね。だからこそ、風俗嬢には頑張りを求めちゃうんですけど、そう思うようになったのは自分が歳を取ったからなのかなとも思うんですよね(笑)もっと若い時には風俗嬢側のそういった理屈なんて関係ないというか、とにかく満足出来ればなんだって良いって気持ちがあったんです。でもいつしか、自分のために頑張ってくれる風俗嬢が好きだなって思うようになってきたんですよね。この心境の変化は自分でもよく分かりませんけど、やっぱりそれはそれで大切な物なんじゃないかなって思うようになりました。