語り継がれる風俗伝説

確信犯的なセクシーさ

偶然ではなく、きっと確信的なものでしょうね。この前の風俗嬢、色気とは何か。男が興奮するのはどういったことなのか。それらをしっかりと理解している女の子だったんじゃないかなと。なぜなら彼女、全裸にならないんですよ。シャワーを浴びた後に服を着る風俗嬢はそんなに珍しくないんですけど、下半身はすべて脱いだものの、上半身だけ着ているんです。このシチュエーション、「たまたま」ではないですよね(笑)狙っているのはよく分かるというか、むしろ狙わないとそんなの無理じゃないですか。別にこっちから脱がしたとかじゃないんですしね。でもそれが男好みでもあるので、自分自身、かなり興奮しました。全裸よりも興奮するレベルと言っても決して過言ではないですし、彼女の下半身がとっても綺麗だったんですよ。肌の質感も良かったですし、ムダ毛もしっかりと処理しているのかジョリジョリ感もなく、肌触りも良かったので、それだけでも彼女を指名して良かったなって。

あまり慣れていないからこそのあの反応

彼女は風俗嬢としてのキャリアが短い訳では無いんです。なぜなら三か月くらいは指名しているんです。さすがにそれくらいの期間があれば、風俗のお仕事にもそれなりに慣れて来ているタイミングだと思うんですよね。むしろお店によっては、そのくらいのキャリアであっても中堅って紹介されちゃうと思うんですよね。でも、風俗嬢がどういったプレイをしてきたのかは分からないじゃないですか。それによって、得意分野とかあまり慣れていないこととかあると思うんですけど、彼女はお客と一緒に道具を使ったことがほとんどないと。それを前回聞いていて、じゃあ次はオプションを使用すると約束したんです。それならしっかりと約束を守らないとなって思って、電マを利用してみたんですよ。その反応がとっても初々しかったんです。電マってここまで凄いのかって彼女自身も驚いていましたけど、あのリアクションがとっても初々しかったのは今でも覚えているんですよね。