語り継がれる風俗伝説

女子大生でも通用するレベルの風俗嬢

彼女は普通の風俗嬢だと言い張っていますけど、そのルックスはまだまだとても若いですし、現役の女子大生風俗嬢だって言っても通用するレベル何じゃないかなって思いましたね。彼女にそれを伝えたらさすがにお世辞でしょって笑っていましたけど、でも満更でもなさそうでしたね(笑)風俗嬢に限らず、やっぱり女の子は褒められるのが好きですしね。彼女のことを褒めたからか、コミュニケーションという点では合格を上げても良いでしょう、自分に(笑)それで思い切り楽しめました。やっぱりコミュニケーションってとっても大切で、相手との距離感をしっかりと縮めることが出来るんだなって実感させられたんですよ。風俗も人間関係って言っても過言ではないですしね。特に密室で二人きりの時間になる以上、誰かが助けてくれるって訳でもないんです。二人で何とかするしかない以上、結果的にかなり良い時間になったんじゃないかなって思いますね。褒めることは大切ってことです。

自分も気を付けるべき部分です

風俗に行く時に必ず心掛けていることがあるんです。お客だからって言っても、別に偉い訳ではないってことです。格好つけている訳じゃないんです。自分は風俗の女の子と楽しみたいのであって、相手を嫌な気持ちにさせてまで自分が楽しみたいって思っている訳じゃないんです。それに、相手があまり乗り気ではないことをしてこちらだけ楽しんでいても、満足感はそこまで高くはならないと思うんですよね。それよりも、双方が楽しいって思えることを楽しむ。それがモットーなんです。特にお客と言う立場や、風俗という性質上、どうしてもテンションが高くなってしまっていたり、本能を抑えきれないような状況になってしまっているケースもあるじゃないですか。その状況で女の子を蔑ろにしても、結局は求める満足とは違うものしか得られないんじゃないかなって思うので、女の子の気持ちも最低限考えるようにすることこそ、風俗を楽しむために求められていることなのかなって。