語り継がれる風俗伝説

考え方は出ますよね。それがいいんですが

風俗嬢だって誰もが同じ考えを持っている訳じゃないんです。相手をもてなすって点でだけは共通しているでしょうけど、逆に言えばそこだけが共通しているのであって、風俗嬢によって何が良いのかとか、どうすべきなのかって言うのは本当に人それぞれ違うんじゃないですかね。そして、そういった部分の違いを楽しめるのもまた、風俗だからこそなんじゃないかなって思うんですよね。違いを楽しむ。そのためには、風俗嬢のプロフくらいは見ておくべきだと思いますし、それにとても大切になってくるのは何だかんだで「自分と合っているのか」という部分なんじゃないですかね。そこがとっても大切というか、どんな考え方でも良いと思うんですけど、自分に合って居なかったら意味がないじゃないですか(笑)さすがにそれは勿体ないと思うので、どんな女の子と楽しむのも自由だと思いますけど、ある程度プロフくらいは把握しておくべきなんじゃないのかなとは思いますね。

もはやクーポンなしは考えられない

今はもうクーポン無しで風俗に行くことは有り得ないというか、そうそうないですよね。それくらい風俗ではクーポンが当たり前と言うか、セットになっていると言っても良いくらいですよね。クーポンもいろいろなものがあるので、それぞれ選べるじゃないですか。クーポンの良い所は、誰でも利用出来る点、そして、今の時代だからこそだと思いますけどクーポンを見たと告げるだけでも十分な点ですよね。昔はクーポンは印刷しなければだめとか、ちゃんと切り取ってからじゃないと使えないとかクーポンなりにもいろいろな制約があったんですよ(笑)でも今は電話して「クーポンを見た」と告げるだけで普通に誰でも使えちゃいますしね。だから、クーポンがお得と言うよりも、むしろクーポンを利用しないのは勿体ないんじゃないかなとさえ思うこともあるんですよ。誰でも手軽に利用出来る以上、クーポンを使わないのは得策ではないですよ。お店だって別に嫌な顔しないですし。